日本・中国・韓国・北朝鮮の政治や社会、文化、人々の生活を紹介!

東アジアの国や文化・人々

日本 日本職人・個性的な人

松山三四六(さんしろう)の柔道や相撲の実力は?本名や妻、子供を調査!

更新日:

松山三四六(さんしろう)さんは、柔道の吉田秀彦さんと横綱・若乃花さんを圧倒したほどの神童だったそうですが、柔道と相撲の実力はどれほどのものだったのでしょうか。

また、三四六(さんしろう)さんの本名芸名の由来について、そしてご家族である子供についても調べてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

1月3日(水)の『消えた天才 ~一流アスリートが勝てなかった人大追跡SP~』で松山三四六(さんしろう)さんについて放送されます!

松山三四六(さんしろう)の柔道や相撲の実力は?

松山三四六さんは1970年生まれで、現在47歳です。

 

現在の活動は幅広く、柔道家としてだけでなく、ラジオDJやアナウンサー、リポーター、歌手、そしてものまねタレントなどの芸能活動をされています。

 


出典:https://www.instagram.com/sanshiroumatsuyama/

 

昔は柔道の吉田秀彦さんと横綱・若乃花さんよりも強かったそうですが、吉田秀彦さんは1969年生まれ、そして横綱・若乃花さんは1971年生まれと、皆さん年齢が近かったんですね。

 

柔道の実力

気になる松山三四六さんの実力ですが、柔道は小学校から始めており、何と中学生の時に全国大会で78kg以下の級で優勝したそうです。

地域大会で優勝ではなく、全国大会で優勝とは実力はまさに本物ですね!

そのため、オリンピックの金メダルを目指すほどで、稽古に明け暮れていたようです。

 

相撲の実力

相撲の方に関しては、小学生の各学年を対象とした相撲の全国大会であるわんぱく横綱の東京場所で、4年生時、5年生時、そして6年生の時に3年連続で優勝しています。

 

もはや向かうところ敵なし!の勢いだったんですね。

 

小学生の頃は相撲で優勝し、中学生の時は柔道で優勝ですから、まさに二刀流使いですね。

 

そんな飛ぶ鳥を落とす勢いだった松山三四六さんですが、残念ながら柔道の道を断念することとなってしまいます。

その理由は、度重なるケガだったそうです。

断念するのを決意したのは20歳の時でした。

 

 

オリンピックを目指すほど子供の頃から相撲や柔道で実績を積んでいたほどですから、その道を断念するのには相当の悔しさや絶望感があったことでしょう。

インタビューでは、生きる希望を失うほど辛かった旨のことを語っています。

 

そこから立ち直り、新たな道を歩いて来られた松山三四六さんに、思わず拍手を送りたくなりました。

 

では、そんな松山三四六さんの本名芸名の由来についてご紹介します。

 

スポンサーリンク
 

松山三四六(さんしろう)の本名や芸名の由来は?

本名

松山三四六さんの本名は、秦光秀(はた みつひで)さんです。

そのため、相撲や柔道の大会の記録は、すべて本名の秦光秀さんのお名前で記録されています。

 

芸名

松山三四六さんは22歳の時、吉本興業に入社し、そこで芸名「松山三四郎」という名前で活動し始めます。

「松山」という苗字は松山千春さんの物まねが上手く、松山千春さんご本人からお墨付きをもらい、命名されてのことだそうです。

 


[楽天ブックス]

 

松山千春さんの物まねをする方は少なくないですが、ご本人からその実力を認められて直々に命名されるとは、相当の上手さだったことが伺えます。

 

そして下のお名前の「三四郎」の方は、柔道のキャラクター「姿三四郎」にちなんでいるそうです。

 

やはり、柔道と関連のあるお名前が良かったんですね。

 

その後、現在の所属事務所に移籍をした際、お名前を「松山三四郎」から現在の「松山三四六」に改名したそうです。

 

「三四六」って素敵なお名前ですね。

将棋のひふみんこと、「一二三」のお名前も脳裏に浮かびました。

 

では、そんな松山三四六(さんしろう)さんのご家族、奥さんやお子さんについてご紹介します。

スポンサーリンク
 

松山三四六(さんしろう)の妻と子供

松山三四六さんは、1998年に女優でタレントの網浜直子(あみはま なおこ)さんとご結婚されています。

 


出典:Naverまとめ

 

きれいな方ですね!

 


出典:https://ameblo.jp/naokoamihama/

 

 

お二人は『ものまねバトル大賞』で共演したことで知り合ったそうです。

 

松山三四六さんは、この『ものまねバトル大賞』の素人選手権で優勝し、それがきっかけとなって吉本興業に入社したそうですから、この大会は三四六さんにとって、キャリアの面でも私生活の面でもターニングポイントとなったものだったんですね。

 

そして松山三四六さんと奥さまの網浜直子さんには、二人の男の子のお子さんがいます。

 

[↓ お二人がまだ子供の頃の写真のようです]


出典:https://ameblo.jp/naokoamihama/

 

現在、長男は高校生、次男は中学3年生だそうです。

やはりお父さんの影響で、息子さんたちは二人とも柔道をやっているようです。

 

出典:https://ameblo.jp/ naokoamihama/

 

全国大会でも優勝したことのある実力派のお父さんから直々に柔道を習えるなんて、とても恵まれた環境ですね!

 

現在は、ラジオDJやアナウンサー、歌手、ものまねタレント、そして柔道家として幅広く活動されている松山三四六さんですが、今後の活躍がまた楽しみですね。


[楽天ブックス]

 

まとめ

柔道の吉田秀彦さんと横綱・若乃花さんを圧倒したほどの神童だった松山三四六(さんしろう)さんの柔道や相撲の実力について、そして本名や芸名、妻や子供について調べてまとめてみました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  おすすめトピック



-日本, 日本職人・個性的な人
-, , , , , ,

Copyright© 東アジアの国や文化・人々 , 2018 All Rights Reserved.