漫画、ドラマ・映画、グルメ、恋愛、お得情報など楽しみがいっぱい!

くつろぎ広場

話題の人物

金正恩の妹、キム・ヨジョン(金与正)とは?年齢や性格、北朝鮮での役割は?夫、家族関係を調査!

更新日:

北朝鮮労動党 金正恩キム・ジョンウン)氏の妹として知られているキム・ヨジョン(金与正)氏。

今回の平昌オリンピックでの韓国訪問は金日成一家として初めてのため、世界が注目し、大きな話題となっていました。

 

キム・ヨジョン(金与正)氏は、これまで公に姿をあまり見せて来なかったことに加え、今回の韓国訪問は北朝鮮美女後継者として初めての国際社会での活動であるということで、特に話題となっていました。

そんな多くの謎に包まれた人物のため、キム・ヨジョン (金与正) 氏はどんな人物なのか、北朝鮮での彼女の役目プロフィール性格、今まで噂されていた結婚相手のについて、さらに金正恩(キム・ジョンウン)一家の家族関係を調査してみました。

 


出典:https://www1.president.go.kr/articles/2320

 

 

また、今回の平昌オリンピックで北朝鮮関連で話題になっていた、美女応援軍団についての記事はこちらで読めます。

【北朝鮮の美女応援軍団とは?選出基準や韓国での役割は?整形も!?画像や動画あり】

 

スポンサーリンク

キム・ヨジョン (金与正) 氏のプロフィールと性格

プロフィール

名前:金与正(キム・ヨジョン)

生まれ:1987年または1989年9月25日生まれ
(日本のWIKIでは 1987年と記載されているが、 1988年または1989年生まれであるという説もあり)

学歴:金日成総合大学で物理学専攻

特技:英語、フランス語、ドイツ語が堪能

 

出典:https://www1.president.go.kr/articles/2320

 

性格

金与正(キム・ヨジョン)氏は、これまで金正恩(キム・ジョンウン)氏の演説中には柱の後に隠れていたり、金正恩(キム・ジョンウン)氏の横で控えめに補佐をしていた姿がよく報道されていました。

そのため、私個人的には金与正(キム・ヨジョン)氏の性格は控えめで、静かな性格ではないかと勝手に判断していたのですが、今回の韓国訪問でも分かるように、かなり堂々としているというか、むしろふてぶてしく見える面もありました。

始終笑みを絶やさず、「微笑み外交」と言われていましたが、その笑みがかえって不自然なものに映った人も多いようです。

そのせいか、ネット上の意見では、性格が悪そうなんて声も結構ありました。

 

出典:https://www1.president.go.kr/articles/2320

 

今回の韓国訪問で、多くの人にとってかなり彼女イメージは変わったようです。

今回の韓国訪問の際には、メディアの前では常に堂々としており、余裕があるように見えていましたが、北朝鮮に詳しい韓国の専門家の話によると、金与正氏の性格は、父、金正日(キム・ジョンイル)と似て、とてもせっかちだという一面もあるようです。

また、他の韓国の関係者によると、実際に金与正氏に会ったことのある韓国の経営者の話では、普段からかなり明るい性格であるということも明らかになっています。

さらに、最近には強い権力を手に入れたことで、怖いもの知らずのような振る舞いを見せているとのことです。

 

スポンサーリンク

金与正(キム・ヨジョン)の夫や兄、母など家族関係は?

キム・ヨジョン (金与正) 氏の夫

金与正(キム・ヨジョン)氏の夫は大学教授という説と北朝鮮の政治核心メンバーの30代の男性という説がありました。

北朝鮮の情報は制限されているため、様々な憶測が飛び交っていたのですが、中国のマスコミによると、金与正氏は崔竜海の次男のチェ・ソン(金日成総合大学の同期)と2015年に結婚したということでした。

ですが、確かなことは明らかにされていなかったため、韓国のメディアとしては、平昌五輪の際に韓国の高官が金与正氏に夫について直接尋ねてくれれば、と期待していたようです。

出典:https://www1.president.go.kr/articles/2320

 

また、金与正(キム・ヨジョン)氏についての韓国の国家情報局韓国の報道によると、2015年5月に最初の子を出産したとのことです。

その後、韓国のマスコミが金与正氏は第2子を妊娠していると報道していましたが、政府はコメントを控えるなど、あいまいな状態が続いていました。

 

ですが、韓国のマスコミによると、ここに来て金与正氏自らが第2子を妊娠していると言及したとのことです。

そのため、金与正氏の夫や子供に関する、これまで憶測に過ぎなかった情報のつじつまが合うようになり、夫や子供の存在が明らかとなったようです。

[char no="5" char="シロクマ"]北朝鮮は情報が制限されているため、憶測が飛び交いやすいですが、金与正氏の夫や子供に関して、やっとパズルのピースが合わさり始めたようですね。[/char]

 

 

金与正(キム・ヨジョン)氏の家族

父: 金正日(キム・ジョンイル )(1941年2月16日~2011年12月17日)

母:高英姫(コ・ヨンヒ)/日本名:あゆみ(1952年6月26日~2004年8月13日)
在日韓国人であり北朝鮮舞踊家、金正日の愛人の一人

一番上の兄: 金正哲(キム・ジョンチョル)(1981年9月25日生まれ)
弟、金正恩(キム・ジョンウン)氏から絶縁された後、正恩氏に絶対服従する形で正恩氏から徹底的に監視された暮らしをしている。

そのため、北朝鮮ではまったく役目や地位もなく、精神疾患を患っているという情報あり。

二番目の兄:金正恩(キム・ジョンウン)(生まれは不確かで、1982年から1984年の間だと言われている)

金与正(キム・ヨジョン)氏は3人兄弟の末っ子。

 

ちなみに、マレーシアで亡くなった故・金正男(キム・ジョンナム)氏 (1971年5月10日~2017年2月13日) は異母兄弟とのことです。

 

 
[楽天市場]

 

金与正(キム・ヨジョン)氏は金正恩(キム・ジョンウン)氏の寵愛を受け、現在は北朝鮮で実質的なナンバー2だと言われています。

金与正氏と兄の金正恩氏は幼い頃から母とは離れ、スイスで外国暮らしをしていたため、金正恩氏は妹の金与正氏を特別に思っており、信頼をしているようです。

続いて、金与正(キム・ヨジョン)氏の北朝鮮での役割についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

北朝鮮での金与正(キム・ヨジョン)氏の役目

金与正(キム・ヨジョン)氏は、北朝鮮では重要な役割を担っており、北朝鮮の宣伝活動と文化事業、その他、安保、交通・物流業務などのインフラ産業を担当しています。

さらに、政治家としては年齢が若いにも関わらず、金正恩(キム・ジョンウン)氏が自分の代わりとして金与正氏に仕事を任せるほどの力を持った、実質的なナンバー2となっています。

 

その背景には、故・金正日(キム・ジョンイル)氏がロシアを訪問した際に「正恩と与正が政治に興味があるので後継者にする」 という言葉を残したと言われています。

そのために、金与正氏は長い間、後継者の一人として指名されて来た人物であるようです。

 

ちなみに、北朝鮮では金与正氏と金正恩氏の妻の李雪主(リソルジュ)氏、そして牡丹峰(モランボン)楽団の団長、玄松月(ヒョン・ソンウォル)氏の3人が北朝鮮で女性として大きな権力と影響力を持つ「ウーマンパワー3人方」と韓国では呼ばれています。

<関連記事>

【金正恩の妻、李雪主(リソルジュ)夫人とは?現在と性格は?子供は北朝鮮の後継者!】

【玄松月(ヒョンソンウォル)の年齢や経歴・現在!夫と結婚のなれそめは?北朝鮮での階級は?】

 

 

続いて、金与正氏の韓国訪問に対する、韓国国民の反応についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

金与正(キム・ヨジョン)氏の韓国初訪問に対する韓国の反応

これまで、金一成(キム・イルソン)一家が韓国を訪問したことはなかったため、今回の金与正(キム・ヨジョン)氏の韓国訪問は歴史的にも初めてのことで、大きな話題となり、注目を集めていました。

 

反応は二分

そこで、キム・ヨジョン(金与正)氏の韓国訪問に対する韓国国民の反応が気になり調べてみると、反応は二分されているようでした。

[char no="2" char="Koreaダンス"]今回の訪問をきっかけに、平和的な解決の方向に一歩近づくようになって嬉しい[/char]

といった好意的な意見もあれば

[char no="3" char="Koreaテコンドー"]今回の平昌オリンピックは北朝鮮の思惑通りで、平昌(ピョンチャン)オリンピックじゃなく、平壌(ピョンヤン)オリンピックになった![/char]

[char no="3" char="Koreaテコンドー"]国際社会の対北制裁に韓国が利用されている![/char]

との批判的な声もありました。

 

「ピョンチャン」オリンピックではなく「ピョンヤン」オリンピックとは、うまい言い回しですね。

 

 

警戒心の理由

以前に韓国の大統領が南北首脳会談のために北朝鮮を訪問したことが2回ありましたが、その都度、訪問後しばらくすると北朝鮮の態度が一変し、韓国としては裏切られたと感じたことが何度もあったようです。

そのため、今回の「微笑み外交」に関しても、韓国国民としては手放しで喜ぶというよりは、北朝鮮の本心に疑惑と警戒心を抱いている人も少なくないようです。

 

金与正(キム・ヨジョン)氏は多くの謎に包まれた人物のため、世界中から多くの関心が寄せられ注目の的となっていますが、韓国国内でも良い意味でも悪い意味でも多大な関心を寄せているという点では、日本と変わりはないようです。

 

3回目の南北首脳会談の開催

そしてその後、3月には韓国特使団が北朝鮮を訪問し、あっという間に流れは南北首脳会談の開催合意となりました。

今回で3回目、11年ぶりの南北首脳会談となるのですが、過去2回は北朝鮮の平壌で行われたものの、今回は軍事境界線の板門店、それも韓国側の施設である「平和の家」での開催となります。

軍事境界線とは言え、北朝鮮の最高指導者が韓国側に行くのは初めてのことで、歴史的にも意味のあることだと更に注目されています。

【南北首脳会談(2018)の意義は?板門店で会談の金正恩と文在寅、その理由は?】

 

また、今回の南北首脳会談の開催に関する韓国の世論調査の結果も興味深いものとなっています。

【南北首脳会談(2018)への韓国の反応は?北朝鮮・核問題の裏切りの歴史が影響】

 

 

まとめ

多くの謎に包まれた人物のため、キム・ヨジョン (金与正) 氏はどんな人物なのか、北朝鮮での彼女の役目、プロフィールや性格、今まで噂されていた結婚相手の夫について、さらに金正恩(キム・ジョンウン)一家の家族関係を調査してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  おすすめトピック



-話題の人物
-, , , , , , ,

Copyright© くつろぎ広場 , 2018 All Rights Reserved.