平昌五輪の際に韓国を訪れ公演を行ったことで話題となった三池淵管弦楽団サムジヨン)の団長牡丹峰楽団モランボン)の団長でもある玄松月ヒョン・ソンウォル)氏ですが、以前はビデオ事件のために処刑され亡くなったものとされていたものの、今回生きていることが明らかになったことでも注目を集めました。

それにはビデオ事件と呼ばれるものが関係しており、その他、玄松月氏は金正恩(キム・ジョンウン)氏や金正日(キム・ジョンイル)氏との恋人との噂もあります。

そんな謎の多い玄松月氏ですが、ビデオ事件の真相金正恩氏・金正日氏との噂について調べてまとめみました。

 

スポンサーリンク

玄松月(ヒョン・ソンウォル)は生きている!ビデオ事件の噂とは?

玄松月(ヒョン・ソンウォル)氏は以前、いかがわしいビデオを撮影したという疑いで2013年に処刑されたとされていました。

 

出典:https://www1.president.go.kr/articles/2320

その報道内容というは、金正恩(キム・ジョンウン)氏の元恋人であった玄松月氏が、金正恩氏と妻の李雪主氏を侮辱する内容のいやらしい動画を撮影・販売したということで公開処刑された、という衝撃の内容でした。

 

そもそも、なぜ彼女がそのようなことを行ったかというと、それは金正恩氏が恋人であった自分ではなく、別の女性、李雪主氏と結婚したことによる、個人的な恨みと復讐心から起こったものだとされていました。

この「ビデオ事件」については韓国で大々的に報じられ、日本でも同じことが言われていました。

 

ところが、今回の玄松月氏の韓国訪問でも明らかなように、彼女は生きていることがわかりました。

なかなか正確な情報が入手しにくい北朝鮮の内情ですが、それにしても、こんなとんでもない誤報もあるんですね。

 

この件に関しては、韓国でもこれまでに韓国マスコミを通して伝わった「稀代の誤報」「歴代級の誤った報道」だと言われているほどです。

また当時、そのビデオ事件に関わった10名が同時に処刑されたとされていましたが、彼女らも現在生きていることがわかっています。

 

ビデオ事件の背景として、玄松月氏が金正恩氏の元恋人だったということになっていましたが、最近ではこの説自体が疑問視されているようです。

 

続いて、元恋人説の真相、そして玄松月氏と金正恩氏・金正日氏との関係について見てみましょう。

 

スポンサーリンク

玄松月(ヒョン・ソンウォル)の金正恩や金正日との関は?元恋人説の真相!

玄松月(ヒョン・ソンウォル)氏は現在結婚しており、夫は金正恩(キム・ジョンウン)氏の元上官で、金正恩氏にとっては自分を支えてくれた、ありがたい存在でもあります。

玄松月氏の夫結婚のなれそめについては、こちらの記事でご紹介してあります。

【玄松月(ヒョンソンウォル)の年齢や経歴・現在!夫と結婚のなれそめは?北朝鮮での階級は?】

 

そんな夫を持つ玄松月氏ですが、実は過去には金正恩(キム・ジョンウン)氏との噂が色濃くありました。

上でも触れたビデオ事件に関しても、その背景には彼女が金正恩氏ともともと恋人関係にあったとされていました。

そのため、玄松月氏と金正恩氏の妻、李雪主(リ・ソルジュ)氏に関しては、現在でも金正恩氏を挟んで様々な噂があります。

 

出典:https://www1.president.go.kr/articles/2490

 

その噂の一つが、玄松月氏は金正恩氏の昔の恋人であり、現在も密かに会っているというものです。

ビデオ事件で処刑されたということがデマだったことがわかった今、この噂は本当なのでしょうか?

 

スポンサーリンク
 

元恋人説の真相

北朝鮮の実情に詳しい韓国の北朝鮮研究所専門家たちによると、金正恩氏と玄松月氏が恋人関係にあったというのは、事実ではない可能性の方が高いとしています。

 

その理由というのが、金正恩氏が玄松月の結婚に関して、軍隊での自分のかつての上官を紹介し仲を取り持ったことや、玄松月氏の年齢が金正恩氏よりも4歳も上であるという点です。

そのような点を踏まえると、玄松月氏が金正恩氏の元恋人であるということや、更に現在も密かに会っているということは単なる噂に過ぎず、事実ではないと専門家たちは見ているようです。

 

では、なぜこのような噂が広まったのかというと、それは韓国のいくつかの報道機関が勝手に出したゴシップが元だったようで、そこからこういった噂が真実のように広まって行ったということです。

 

また現在は、玄松月氏は金正恩氏ではなく、むしろ故・金正日(キム・ジョンイル)氏と恋人関係だったという噂もあるそうです。

 

ですが、これも新たなに出た噂に過ぎないというのが、韓国の専門家たちの見解となっています。

 

このように噂や謎が多い玄松月(ソン・ヒョンウォル)氏ですが、以前の記事でも触れたように、北朝鮮の「ウーマンパワー3人方」の一人となっており、権力や影響力が大きい人物であります。

そのため、彼女にまつわる様々な噂や説が次々と生まれてしまうのでしょう。

 

<北朝鮮の「ウーマンパワー3人方」に関する関連記事はこちらです>

【金正恩の妹、キム・ヨジョン(金与正)とは?年齢や性格、北朝鮮での役割は?夫、家族関係を調査!】

【金正恩の妻、李雪主(リソルジュ)夫人とは?現在と性格は?子供は北朝鮮の後継者!】

まとめ

平昌五輪で韓国公演を行った池淵管弦楽団(サムジヨン)の団長で牡丹峰楽団(モランボン)の団長でもある玄松月(ヒョン・ソンウォル)氏は生きていることがわかり、以前に報道されていたビデオ事件による処刑説が実は「稀代の誤報」だと言われるほどの誤った報道だったということが明らかとなりました。

そのビデオ事件と呼ばれるものの背景には、玄松月氏が金正恩氏の元恋人であったという説がありましたが、韓国の北朝鮮専門家によると、それは単なる噂に過ぎず、事実ではないという見解となっています。

また最近では金正恩氏ではなく、金正日氏と恋人だったとの噂も浮上しているようですが、こちらも専門家たちによると、単なる噂の域を出ないということです。

スポンサーリンク